cheers-style


KEYになるWORD

野菜で身体を治す

医師であり、野菜ソムリエの資格を持つ宮田恵先生。今は一般診療の他に産業医、大学の非常勤講師、ラジオ番組への出演など多方面でご活躍中。医師としての経験からの「食」を通じた予防医学についてお話し頂きました。

食事・運動・睡眠=予防医学

例えば、体調不良などで病院で検査をしても異常がないと言われることがありますが、体調不良の原因が食事や睡眠不足、ストレス、あるいは老化であるならば、検査数値が異常なしだとしても、食事や運動、睡眠といった予防医学的な対応が必要で、こういった場合は薬では治せません。そして、医療機関に通院している人は、重症化予防をきちんと考えて診療を受けたほうがいいと思います。特に心疾患やがん、脳血管疾患の再発予防については、医療機関に通院するだけではなく、食事やストレス、睡眠や運動といった生活習慣の見直しが大事で、そういったことをしないと、病気の再発や別の病気に罹ることもあるので、薬を飲むだけではなく、重症化予防のことも生活の面からもきちんとしなくてはいけません。

日本食は健康にいい?

最近フランスとスペインに行きましたが、フランスは日本よりも食と健康に関する意識がすごく高く、オーガニックのものが多いです。街中にオーガニック専門店があり、食べ物を選ぶことがステータスとなっています。一方、伝統的地中海食は世界的に見てとても健康に良いと言われていますが、驚いたことに塩分が多くしょっぱいです。塩分が多いと短命かと思いきや、地中海沿いにあるイタリアはフランスより長寿なのです。何が違うのかなと思ったら、魚介類を食べ、野菜や果物をよく摂っている。そして何よりマイペースな性格で、ストレスが少ない。あと、男女とも、よく働きよく体を動かします。日本では減塩と言っています。もちろん、減塩も塩分感受性という点で大事ですが、その他に、野菜や果物をしっかり摂って、魚を食べる、そしておおらかに過ごすということが日本では忘れられています。

世の中には、美容や健康、医療だけに限らずたくさんの情報が溢れています。しかし、全てが正しいわけではなく、自分に合っているとも限りません。自分なりに勉強して正しい知識とそれに伴う行動を選んで欲しいです。安易な健康食品もたくさんありますが、全て悪いわけでもなく、基本となる食事や運動、睡眠といった生活習慣、そこをきちんとして、アンチエイジングなど他のことをしていただきたいです。

みやた整形外科医院
宮田 恵先生
医学博士。内科医、放射線科専門医、日本抗加齢医学会認定医、日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ上級プロ、全日本ノルディックウォーク連名公認指導員

宮田先生の詳しいお話や野菜ソムリエとして栄養価が高く美味しい野菜を選ぶポイントや基準といったお話をYouTubeチャンネル「チアーズスタイルTV」でご覧頂けますので、是非ご覧下さい。

YouTubeチャンネル「チアーズスタイルTV」はこちら>>