cheers-style


KEYになるWORD

マインドフルネス

今この瞬間の自分自身の身体や気持ちの状態に気づける「マインドフルネス」。皆さん、ご存知ですか?

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、「『今ここ』にただ集中している心のあり方」、「注意深く気づいていること」さらに、「心が穏やかでありながら、集中力が継続している状態」をいいます。

最新の脳科学で「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経の安定」などの効果が報告され、アメリカではGoogleやFacebook、インテル、マッキンゼーといった大企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられています。また、私たちが持つDNAの「テロメア」に作用し、健康長寿との関連性についての報告もあります。マインドフルネスはいま世界的に大きな注目を集めています。

マインドフルネス瞑想

心を『今』に向けたマインドフルネスの状態に達する手段として、瞑想が行われます。マインドフルネス瞑想は、脳を活性化させ、ストレスを軽減し、仕事のパフォーマンスを上げる効果があり、医学やビジネスの世界で大きな注目を集めています。マインドフルネス瞑想には、大きく「集中する瞑想」と「観察する瞑想」の2つがあります。集中する瞑想として「呼吸に意識を集中する瞑想」。観察する瞑想として「思考や感情をただありのままに観る瞑想」があります。

マインドフルネスの効果

一般的に、マインドフルネスの効果には、

集中力が高まる
マインドフルネス瞑想で、雑念と距離を置き、今この瞬間に深く集中していくことを繰り返していくことで集中力が増していきます。
浄化されストレスが解消される

ネガティブな考えに飲み込まれることなく、それをただ観察していく時間を持つことで精神的にも肉体的にも緊張が緩み緩和されていきます。

洞察力、直観力、創造力が高まる
マインドフルネス瞑想により思考が整理されクリアになり、結果創造的な能力が発揮されやすくなります。
よく眠れるようになる
呼吸を整えることで、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが整い、体の緊張も緩和されよく眠れるようになります。



現代はストレス社会と言われ、多くの方々が対人関係や将来への不安を抱えています。また、今年大流行したコロナウィルスによるコロナ禍は、将来への不安を爆発寸前のところまで追い込み、不安や悩みは他の病気へのきっかけとなっています。

集中力を高める方法やストレスを軽減する方法は人それぞれにありますが、こんな今だからこそ、マインドフルネスを取り入れ、「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経の安定」を行い、健康な心と身体を取り戻しましょう。

【監修】
株式会社サンカラ代表取締役社長 人見ルミ
マスコミで活躍後、インドへ渡航し1年半かけて本場のヨガ・瞑想などマインドフルネスのエッセンスを学ぶ。現在、大手上場企業から中小企業、行政などからのオファーが増え、マインドフルネス企業研修の実績ではトップクラス。「潜在能力を120%引き出すマインドフルネスストレッチ」ほか著書多数。

【8月に人見ルミさんによるマインドフルネスのワークショップを開催予定!】
会場参加(福岡市内)またはオンライン参加が選べます。詳しくはチアーズスタイル公式サイトからチェック!

詳しくはこちら>>












運営会社