cheers-style

KEYになるWORD

「香害」をご存知ですか?

化学的な香りに苦しむ私たち

「香害」とは、合成洗剤や柔軟剤・入浴剤・防虫剤・化粧品・香水・芳香剤などに含まれる人工的な合成香料が、頭痛、吐き気や咳・喘息、アレルギーを引き起こし、「化学物質過敏症」などの健康被害を生じさせることです。
香りの感じ方や嗜好には個人差があります。自分ではお気に入りの快適なにおいでも、香りが苦手で不快に感じる方にとっては、友人や同僚の服についた香りの影響で体調が優れずに学校や職場に行けなくなったということもあります。


「香り」で苦しんでいる方がいることを知ってください

化学物質過敏症は、人によって症状が異なり、広範囲の症状が現れることが特徴です。代表的な症状は、頭痛やめまい、吐き気、目や喉の痛み、倦怠感、脱力感などですが、はっきりと診断されるまでには時間がかかり、周囲から理解されずに苦しむ方も多い病気です。化学物質過敏症については、確実な治療方法や発症メカニズム、予防方法はまだ解明されていませんが、引き金となる化学物質にさらされないことは有効とされています。

最近ではウェブサイトやポスターで周知している行政機関や教育機関もありますが、化学物質過敏症で苦しんでいる方だけではなく、まだ発症していない方を守るためにも、「化学物質過敏症」への理解と公共の場での化学物質過敏症を誘発する様な人工的な合成香料(香水、芳香剤、香りの強い柔軟剤・整髪料等)の使用を控えるなど、周りの方々の配慮が必要です。いつ誰が発症するか分からない香害は現代の公害と言えるのかもしれません。












運営会社