Cheersとは
スタッフブログ powerd by アメブロ
facebook
ウィッグリングジャパン
P&Cプランニング サービスページへ

2013年08月24日

快適な睡眠習慣

睡眠

毎日毎晩ぐっすり眠れていますか?

睡眠は人生の3分の1を占めるといわれています。

睡眠は体の疲れを取るためには必要ですが、最も重要な点は脳を休めることです。

一般的には、睡眠の間に記憶を固定させたり筋肉をリラックスさせる効果が知られています。

仕事や恋愛などで嫌なことがあった時に寝る行動も、脳を休ませて物事を良い方向へ導くのに効果的です。

不眠が起こりうる原因は、寝る直前までパソコンやスマホテレビなどの画面を見ていることや、運動不足、日常にストレスがあり、色々と考え込むせいである場合もあります。

                  

                                           

不眠がちの人の生活習慣チェック

                            ①普段運動する習慣がない□

xhejcri7②朝起きる時間がバラバラ□

③寝る直前までダラダラ食べ続ける□

④朝起きた時に日光を浴びない□

⑤パソコンやスマホを寝る直前まで見ている□

⑥もっと寝ていたいのに、または用事がないのに朝早く起きてしまう□

                                  ⑦昼間に眠くなる□

 

いくつチェックがありましたか?

不眠に悩む方に、オススメ不眠対策のご紹介です♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★不眠解消法☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

眠りの環境づくり

自分が心地よい物やホッとする寝具グッズをセレクトしましょう♪同じ姿勢で寝ていると、腰に全身の重みがかかってしまい負担になりやすいので、寝返りが打てるような寝具を選んでみて下さい☆

またアロマを焚いたり、穏やかな音楽を取り入れたり、間接照明に切り替えたり、癒しのDVDを見るのもオススメです!

呼吸法

寝る前に、息を鼻から4秒吸って口から8秒吐く呼吸法を10回程度繰り返し♪ 1対2の割合で吸って吐くとリラックスできます。

半身浴

時間は20分程度で、リラックスできるお気に入りの入浴剤を併用するとより効果的♡

お風呂から上がり、体温が徐々に下がるときに眠気がくるので、就寝する1時間程度前に半身浴を行う習慣を。

ストレッチ

両手首を重ね合わせて、上半身を左右にと前後の4方向にゆっくりと倒して戻すストレッチ☆ 自律神経が整い、姿勢も良くなります♪

食事

バランスの良い食事を3食取ることが大切です。不眠症対策に効果的な食材を紹介☆

秋:しいたけ(ビタミンDやエリタデニンといった不眠症対策や生活習慣病に効果的な栄養素が含まれている)

春菊(ビタミンB群はやカルシウムは不眠症や生活習慣病に効果を発揮し、豊富な食物繊維には整腸作用がある)

秋刀魚(ビタミンB2やエイコサペンタエン酸等、不眠症に効果的なものが豊富。ドコサヘキサエン酸は血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きがあり、不眠症と深い相関のある生活習慣病の対策としても効果を発揮)

冬:白菜(カルシウム、マグネシウムには精神を落ち着かせる効果があり、イソチオシアネートという成分は血液を浄化し、消化を助ける作用)

小松菜(カルシウムやカリウム、食物繊維などを多く含み、穏やかな睡眠を助ける食材)

運動

日中に適度に有酸素運動(ジョギングやウォーキングなど)を行い、ある程度の疲労をためておけば、質の高い睡眠をとるために有効☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆

ストレスが不眠の原因となっている場合は、ストレスに対応する漢方薬を処方してもらうことで効果が表れる場合もあります。しかし、安易に睡眠薬を服用することはお勧めしません。

まず何よりも徹底した生活習慣を見直し、ご紹介した不眠対策を実践して快適な睡眠を☆

 

なつみ

 

チアーズ会員登録はコチラ!!

カテゴリー

チャンス

キーワード