cheers-style


インタビュー

医療法人くるみのたね あべなおこ歯科クリニック院長 歯科医 安部 直子先生

歯科開業と子育てとの両立、様々な苦労を乗り越え 2019年7月に法人化した、歯科医の安部 直子先生を編集長上田がインタビュー!


医療法人くるみのたね
あべなおこ歯科クリニック院長
歯科医 安部 直子先生

歯科を開業されたきっかけは?

 子どもが小学生になった頃は大学病院の勤務医として働いていました。 ある時、出入り業者さんに、「子どもが中学生になった頃に開業する女医もいるし将来的には開業したら?」と言われました。開業など全く考えてなかったのですが、そういう道もありかと思い、子どもが学校帰りに寄れる場所にいい物件がないかなとぼんやり考えていたところ、なんと隣の校区でタイミングよく居抜き物件が見つかったのです。すぐに見学して即決。もちろん院長経験もなければ経営のことなども分からず、歯科医としての知識と技術以外何もない状態で開業してしまいました。仕事と子育ての両立のために開業したものの、日々仕事に追われて子どもには本当に負担をかけたと思います。

歯科医としての仕事のやりがい、喜びは?

 「痛い」や「食べられない」といった口の中の悩みを、私たち歯科医が治療し、痛みが取れ、食べられるようになる。私たちの仕事はこういった日常に直結した仕事です。お医者さんが命を救うように、歯科医はその人の人生を救う、そういう仕事だからこそやりがいがあるのだと思います。チーム医療においてのデンタルスタッフ (歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付)との連携がうまくいっていないと患者さんに良い治療ができないので、私もスタッフも技術の向上を目指して常に勉強会に行っています。私自身、歯学部の学生の時、「予防歯科」という授業がありました。自分の歯ブラシを持ってくるように言われ、歯科医の親を持つ学生は歯医者さんで売っている良さそうな歯ブラシやフロスを持って来ていたのですが、私が持参した歯ブラシは普段から使っているバサバサの歯ブラシで、周りの友達の意識の高さには衝撃でした。また、磨き残しがピンク色になる試薬を塗ると自分の歯は結構ピンク色に染まっちゃって…とても 恥ずかしかったのを今でも覚えています。今考えると当時は私も患者さんと同じレベルの知識でしたので、患者さんの気持ちが分かる素人目線の歯科医なのかもしれませんね。

趣味や特技は?

 40代前半までは勉強会と懇親会で帰りが深夜になることもざらでした。
しかし、年齢的にもこのままじゃいけないと、ネットで見つけたベリーダンス教室にすぐさま入会しました。今は週1でレッスンに通っています。ストレス解消、美容と健康のためにと習いはじめましたが、歯科業界の狭い世界しか知らなかった私が教室の仲間から色々な世界を学べています。
 また、大学の医局時代に誘われて挑戦した登山も最近また始めました。私は体育会系の部活動の経験がなく人と競うことに慣れてないので、勝敗に関係なく自分のペースでできる登山は私の性に合っているかもしれません。50歳の節目で高校の同級生たちと行った富士登山は思い出深い経験です。


発表会の前は、何とか時間を作って何度も練習します!!奥が深いベリーダンスです。素敵な先生とクラスメンバーに恵まれて楽しくがんばっています。


「50歳の節目に富士山に登りたい!」と宣言したら同級生がセッティングしてくれて、初の富士山登頂を実現できました。最高のご来光を拝めて感謝でした

健康維持方法は?

 月1回のファスティングです。自然とシンプルなものを欲するようになり、白いご飯と味噌汁が本当に美味しく感じ、ジャンクフードのようなものは欲しなくなりました。改めて体は食べ物からできていることを実感し、食べ物への関心が高まりました。当院の近所には自分の畑で作った野菜を食べているご高齢の患者さんも多くいらっしゃるのですが、歯も骨も強くて元気!歯を削る治療では個人個人の歯の硬さで摂ってきた栄養が違うことがわかります。たまに若い患者さんでも歯が硬い!と思う方の出身を尋ねると島育ちの人が多いです。小さい頃から魚や海藻など、海からのカルシウムを多く摂っているからですかね。

5年後の夢や将来の夢を教えてください

 今はドクターが私だけなので出来ていませんが、現在通院されている患者さんが将来的に通院できなくなったときに訪問歯科診療に対応できるように後継者を育てたいです。また、大学の同期が住んでいるポルトガルに、同期みんなで旅行に行きたいね、と話しています。


毎年行われている歯科の勉強会にはクリニックのスタッフ全員と参加しています

女性へのメッセージをお願いします

 あれこれ悩んでも仕方がないという「ケセラセラ」が好きな言葉です。また、女性は話題が豊富で雑談が多く年齢に関係なく意見交換ができるので、気軽に女性が情報交換できる場を大事にしていきたいですね。成長するためには外に目を向けることも大事だと思いますので一歩踏み出す行動力でたくさんの情報をキャッチ!して下さい。

「ケセラセラ」私も好きな言葉です。安部先生のやりたいことを見つけながらも環境の変化に身をゆだねつつ「信念」をしっかり持った生き方、前向きな姿勢に憧れます。


安部直子先生と編集長上田

好奇心旺盛で、いつもみんなの真ん中で輝く存在の安部先生。
今回の取材では、ご専門の歯科ネットワークの広さ、チーム医療に対する熱意を感じました。正しい予防歯科の知識についてまた勉強させてください!!

医療法人くるみのたね
あべなおこ歯科クリニック
●所在地/福岡市東区唐原1-2-1ランドスケープビル2F
●TEL/092-674-4182
●URL/http://abenaoko.dentdb.com/