cheers-style

新着記事

大好評!! 健康チェックイベント @天神ライオン広場

 昨年に引き続き、5月20日(日)に天神ライオン広場にて「健康チェックイベント」を行いました。今年に入って、蔦屋書店六本松店、電気ビルみらいホールと様々な会場で健康チェックイベントを行っておりますが、回を追うごとにたくさんの方々にご参加頂いております。

 これまでの2回のイベント同様、私たちの活動にご賛同頂き、薬剤師の立場から健康を応援したいという株式会社タカラ薬局様と一緒に血圧測定、骨密度検査、健康相談を行い、筑波大学の矢田幸博教授(専門:統合生理学)と、脳年齢・血管年齢検査、歩行解析による脳機能測定を行いました。


脳年齢テストに挑戦!!

 皆さん「歩行解析測定」ってご存知ですか? 約4m程のシートの上を歩くだけで、歩行速度や歩幅、左右のつま先の角度差などを解析します。歩行パターンから見えてくるのは、転倒リスクや歩く姿勢、全身状態のバランスなど。そして、歩行は脳の認知機能と深く関わっているため、現在の認知機能の状態(脳疲労状態)も分かるそうです。

 私も歩行解析測定を体験してみましたが、私の場合、両足とも足裏の左側がしっかり地面についてなく、右側に重心が傾いていました。長年悩んでいる腰痛や肩凝りは、歩き方の癖が原因の一つだったことが判明しました。矢田教授にカウンセリングしていただき、足の左側から着地するイメージで左に重心を置くように意識して歩くように心掛けています。歩き方は、ひとりひとり癖があり習慣になっているためすぐに変えることが難しいですが、次回の検査で少しでも良い変化があることを楽しみに、指摘されたことを意識して歩くことを続けています。


熱心に参加者の相談を受けるタカラ薬局の薬剤師の皆さん

 また今回の会場は、天神バスセンターが近いこともあり、福岡以外の佐賀や長崎などの方も多くご参加されました。「今日受けた検査を元に生活習慣に気をつけます!」という力強いお言葉もありましたが、「たまたま今日通っただけなので、次の開催に来れるか分からないよね~」、「歩行と脳機能の測定は珍しい検査だから地元では出来ないよね~」と残念そうに帰られる方も。

 実は、健康チェックイベントで使用している歩行解析測定の機械は大学の研究のための特別な機械なので、残念ながら限られた場所でしか体験できません。


年齢問わず、健康への関心の高さを感じました

 これまでは、福岡市内の会場のみで「健康チェックイベント」を開催してきましたが、今後は福岡県内、九州、全国へと広げていきたいと思っています。自分の健康状態や脳年齢、認知機能や脳疲労の状態など現在の課題を知ること、そして、検査結果やアドバイスをもとに、日常的に適切な対策を取り入れていくことで5年後の生活リスクが大きく変わってきます。

 健康寿命を延ばすこと、予防医療の意識向上のためには、体験型の啓発イベントの実施が必要です。同じ想いの企業様と共に、QOL(人生の質)向上に役立つ健康チェックイベントの定期開催を目指したいと思っています。


多くの方にお立ち寄り頂きました。

 次回の健康チェックイベントは、ホームページにてお知らせします。健康診断や検診などでは分からないことが見えてくる「健康チェック」をぜひ体験してみてください。
(コ)


健康チェックイベントが西日本新聞に掲載されました!!